私は、治療院を開業しています。まず、開業するのに機材を揃えたり、備品を揃えたりと数千万の借金をします。

そこで安定してお客様に来てもらえば良いのですが、最初は物珍しさからお客さんも来て下さいますが、口コミで広がるため、治りが悪かったりすると、途端に患者さんが減ります。

そして、同業者の増加などからも患者さんが減少して、収入が思うように増えないでお金に困る事があります。

この職業も水商売のひとつなので、浮き沈みが激しく、経営が良くなるであろう事を根底に投資をして最先端の器械を数百万かけて入れたとしても、思うようにお客さんが来て貰えない時は、その返済に困ってきます。

ローンが払えない

また、結婚して子供が出来て段々大きくなっていくと、次は教育費にお金が掛かってきます。高校時代にスポーツの強い学校に通うと、遠征費や、ユニフォーム代など、県立でも私立に出す以上のお金が要ります。

また進学も専門学校に行くとなると年間の授業料だけでも100万単位で要りますし、自宅から遠い学校に通うとなれば、一人暮らしにかかる費用も要ります。子供一人ではなく何人もいればそれだけお金もかかります。

しかし、子供が行きたいと言う道にお金がないから行かせられないとは言えず、無理して借金して通わせるのでまた困る事になります。

順調な時に先の事を考えて貯金をしたりすれば良いのでしょうが、まさかこんな事になるとは思わないと言う事も沢山あります。

だから、最初銀行にあった預金残高も徐々に減っていき、また借金が増えていくという悪い連鎖にはまってしまいます。

一番困ったのは、こちらが開業してすぐ、地元の方が近くに開業されたときでした。

こちらは、全然知らない土地で開業してやっと名前を覚えて貰った時に、親戚、友人の沢山いる同業者に開業されたら途端に患者さんは減ります。

そしてもう一つ、大きな病院が出来ても影響があります。やはり信用といった面では医者には叶わないので、いくらこちらが丁寧な治療を心がけても、大きな病院で診察してもらった方が安心されるようです。

この様な理由からお金にはずっと困っています。