DC=デスティネーションキャンペーンとは・・・

Destination(目的地・行き先)とCampaign(宣伝)の造語

■JR6社と地域観光関係者や地方自治体等が協力して実施する日本最大規模の観光キャンペーン。
■開催地の決定にあたっては、地元自治体による立候補を受け、JRグループが地域を選定。
■やる気のある地域により発掘され磨き上げられた素材を、DCを契機に商品化及び全国的な集中宣伝を図る。

 

青森DCキャッチフレーズ「行くたび、あたらしい。青森」

青森県には魅力的な旅のコンテンツが豊富にあります。何度訪れても「あたらしい発見」がある旅を、東北新幹線八戸-新青森の開業でより身近に全国の方に楽しんで欲しい、という願いを込めて、「旅」と「度(たび)」とをかけてキャッチフレーズとしました。

<デザインについて>
口ゴデザインでは既存の書体を一文字ずつ再構築し、「あたらしい発見」のあるオリジナルの口ゴを制作しました。さらに春夏秋冬、いつ行っても、どこを訪れても多彩な発見があることを、たくさんの木のイラストで表現しています。

 

趣旨

県内の自治体、観光関係団体、観光事業者等が一丸となって、県内の観光資源の掘起しや磨き上げ、観光客受入体制の整備・充実を図りながら、全国のJRグループ6社の協力のもと、青森県初の単独デスティネーションキャンペーンを展開することにより、全国からの集中的な誘客を図り、2010年12月の東北新幹線全線開業効果の持続・拡大を図るとともに、本キャンぺーンを通じて、本県の「観光力」の強化を図る。

 

●新幹線全線開業効果の持続・拡大
新幹線開業から一冬が明け、本格的な観光シーズンを迎える平成23年春にDCを実施することにより、新幹線開業ブームに再び弾みをつけることができる(平成23年3月には、はやて新車両が導入される)。
また、春から夏にかけてDCを展開することにより、DC終了後も、夏祭り、秋の紅葉へと誘客効果が期待される。

●県内全域へのDC効果の波及
DCスタート時には、冬季間閉鎖されていた県内の観光施設、宿泊施設、道路のほとんどがオープンとなることから、全県一丸となった取組みが可能となり、県内全域へDC効果の波及が期待できる。

●大きな誘客効果
桜の開花、春のゴールデンウィークをスタートとして、りんごや菜の花など県内各地のさまざまな花の開花期、さらには、八甲田・十和田湖・奥入瀬渓流や世界自然遺産白神山地などの新緑期へと繋げることができることから、DC実施により大きな誘客効果が期待できる。

 

おすすめサイト情報

足汗で悩んでいる人はこちらは参考にしてみるといいですよ・・・《足汗

臭いも防止出来ますし、足汗が出る原因など調べることが出来ますよ(^^)/